1874年に板垣退助を中心とした愛国公党が、民選議員の建白書を提出したことにより、自由民権運動が高まりを見せていきます。

 

そして、1880年には、運動は急進派の行動により激化していくのです。その中で、加波山事件(かばさんじけん)は起こりました。

 

今回は、この加波山事件についてわかりやすく解説していきます。

 

加波山事件とは

(加波山事件志士の墓 出典:Wikipedia

 

 

加波山事件は、1884年(明治17年)9月23日に発生しました。

 

1882年に起こった福島事件に関わったグループが中心となり、栃木県令三島通庸と他政府要人を暗殺する計画でした。

 

爆弾で爆殺する計画でしたが、グループの一人が爆弾を製造中に誤って爆発させてしまい、計画が発覚したのです。

 

グループの16名は加波山に立てこもり、政府転覆のために決起を呼びかけるビラを配りました。ところが、応援に駆けつけるものはなく、16名は下山を始めますが、麓で警戒していた警察官たちと衝突します。

 

この事件で、19名の逮捕者が出ます。その中から7名が死刑になりました。

 

加波山事件がおこった背景

 

 

加波山事件は自由民権運動が高まり、急進化していく中で起こった事件です。

 

そこには、どんな歴史的背景があったのでしょうか?

 

①自由民権運動とは

1874年の民選議員設立建白書の提出をきっかけとして始まった運動です。

 

憲法の制定や議会開設、地租軽減、言論や集会の自由など、国民の権利要求を掲げています。

 

当初は、元薩摩藩と長州藩による政府に反対する運動でした。

 

それが、次第に地租軽減という要求も加わり、農村にまで広がっていきます。そこには政府の課す地租が重く、負担になっていたという現実がありました。

 

こうした運動に対して、政府は新聞紙条例集会条例など言論の自由を抑える策で対抗しました。

 

しかし、運動は一層高まりを見せて、憲法を自分たちで作ろうというグループも作られます。

 

1881年、政府は運動の高まりを抑えるために、10年後の国会開設を約束する「国会開設の勅諭」を出します。それにより、日本で最初の近代政党、自由党が結成されます。

 

 

②自由党が果たした役割

自由党は、一院制、普通選挙、主権在民などを掲げていました。そして、党の組織は全国的に広がり、自由民権運動の担い手となります。

 

しかし、政府は集会条例を作り、運動の弾圧を強めていきます。さらに、1882年に党首である板垣退助が政府の勧めを受けて、外遊します。党内にはそれに反発するものもいて、党を離れるものもいたのです。

 

しかも、板垣が外遊している間に党内の急進派が貧農層と一緒になり、さまざまなテロ計画、蜂起事件や政府からの弾圧事件が起こり、一連の事件を「激化事件」と呼びます。「激化事件」は、1881年から1886年まで続きました。

 

自由党は結局、急進派の動きを抑えることができず、また党を支える資金調達にも失敗して、1884年には解党することになります。

 

自由党急進派が主導した蜂起などの動きは、自由党解党後も続きますが、1889年の大日本帝国憲法制定、1890年国会開設で運動は静まり、それ以降議論は国会で行われるようになります。

 

 

③福島事件の発生

自由民権運動の中で、「激化事件」と呼ばれる一連の事件があります。

 

福島事件は、その中の一つで1882年に起こりました。

 

「激化事件」には、政府からの弾圧事件とそれに反対する側のテロ、蜂起事件があります。福島事件は政府からの弾圧事件でした。

 

きっかけは、栃木県令三島通庸が会津三方道路(新潟、山形、栃木を通じる県道)の工事のために、会津地方の住民を人夫として働かせるか、人夫賃を出させると通告して福島県自由党と農民たちから反対されます。1882年の春から8月までに36回もの三島批判の演説会が開かれますが、19回は警察の弾圧で解散させられました。

 

11月には会津の自由民権運動家、佐治幸平が逮捕されたのをきっかけに農民たちが集団となり、警察署に押しかけます。警官たちは刀を抜いて、農民たちに斬りかかったといいます。

 

その後、福島自由党の本部が警察に包囲突入され、河野広中など自由党員や同士たち25名が逮捕されます。福島事件の弾圧で、約2000名が逮捕されました。

 

福島事件は、自由民権運動の中で起こった、象徴的な政府弾圧事件と言えるでしょう。

 

 

加波山事件の発生。その内容

 

 

福島事件で激しい弾圧を行った政府に反抗した自由党青年党員たちが、加波山事件を起こすことになります。

 

①誰が起こしたのか?

福島事件で逮捕された河野広中の甥河野広躰たちのグループが中心となって、栃木、茨城の自由民権運動家たちも加わり、加波山事件は起こります。

 

1884年に、三島通庸が栃木県庁を栃木町から宇都宮町に移転新築しました。その落成式の日に、三島通庸と作成式に出席する大臣たちを爆弾で暗殺しようとしたのです。

 

このグループの主要メンバーは、茨城県出身の富松正安、保多駒吉、栃木県出身の鯉沼九八郎などでした。皆、若い自由党党員か自由民権運動家たちでした。

 

鯉沼九八郎は、自宅で暗殺に使う爆弾を製造中に誤って爆発させて、左手首を失くします。それで、暗殺計画が発覚したことと、落成式がが延期になり、結局このテロ計画は頓挫します。

 

ちなみに、鯉沼九八郎は加波山事件の後、逮捕され服役して、出所後には栃木県県議会議員をつとめます。

 

②どこで起こったのか?

事件が起こった加波山は、茨城県桜川市と石岡市の境に位置します。

 

栃木県令の三島通庸などの政府要人を暗殺する計画は実行されませんでしたが、この計画に参加した16名は、計画が発覚した後に加波山に立てこもり、同志たちに「政府転覆」などを呼びかけます。

 

計画を実行するために、メンバーの河野広躰と門奈茂次郎は東京神田の質屋を強盗しようとしますが、失敗に終わり、門奈は逮捕されます。

 

計画の中心は、茨城県古河市にある文武館でした。そこを中心として、結城市や栃木県小山市でも活動が行われていたのです。

 

③逮捕、死刑になった人物

1884年9月23日に、富松、河野などメンバー16名が加波山に立てこもり、その中の平尾八十吉が「政府転覆」の兵を挙げようと主張しますが、横山信六は栃木県庁落成式に改めて備えようと主張します。

 

メンバーの中でも、意見が分かれていました。結局、下山をして宇都宮に襲撃しようということになり、加波山の麓で警戒していた警察隊と衝突することになります。

 

衝突時に平尾八十吉が殺害され、残りの15名とその他計画に加わったとして、計19名が逮捕されます。

 

そして、富松正安、保多駒吉、横山信六など7名が死刑判決を受けます。7名は20代から40代という若い運動家たちでした。

 

起訴は、福島事件で国事犯として逮捕された河野広中とは違い、いずれも計画の資金調達で行った強盗などの罪でした。政府が河野広中のように英雄視されることを避けるためだと言われています。

 

加波山事件のその後の影響

 

 

加波山事件は、「激化事件」の中でも7名もの死刑判決が出る大きな事件でした。

 

その影響はどのようなものだったのでしょうか?

 

①自由党解散

まず、加波山事件の影響で自由党が解散に追い込まれました。

 

自由党はすでに、党首の板垣退助が外遊することで、党内の分裂が明確になっていましたが、板垣の帰国後には党を立て直そうということになっていました。

 

しかし、板垣は外遊をすることで、欧米先進国と対等になるために政府と対決するのではなく、共同していくという方向転換をしたのです。

 

その一方で、自由党の急進派は各地に小グループを形成し、蜂起などを起こしていきます。

 

こうした動きに、板垣たち党首脳部は動揺しますが、党立て直しの資金を工面することで何とか一致します。

 

この時期の自由党は関東部では活発な動きがありましたが、関西部は脱落していくものもいました。そして、資金調達も失敗します。

 

そこに、加波山事件が起こり、板垣は解党を進めていくことになるのです。

 

②爆発物取締罰則の制定

加波山事件で、爆弾の使用が計画されたことにより、政府は1884年に爆発物取締罰則を制定します。

 

この法律は現在も効力を持っています。

 

加波山事件で使う爆弾を製造した鯉沼九八郎は、ロシアのアレクサンドル2世暗殺を参考にして、独自に開発をしたそうです。

 

アレクサンドル2世は1881年に手投げ爆弾により、暗殺されています。

 

鯉沼はこの事件を知り、自分も手投げ爆弾を開発しようとしました。これは、日本史上における初めてのテロ爆弾事件でした。

 

③西條八十と下館音頭

加波山事件は、日本の文化にも影響を与えています。

 

戦前1920年から戦後の1970年まで、活躍した詩人西條八十は、加波山事件を下館音頭の11番で取り上げて歌詞にしています。

 

西條は、茨城県下館町に疎開していました。その後、下館への愛着から下館音頭を作詞します。

 

「加波のお山の 自由の旗の 意気で踏み出せ 新日本」と、加波山事件を自由で新しい日本を創ろうとした運動として捉えています。

 

そして、加波山事件で亡くなった富松正安など下館出身の4名は筑西市下館地区の妙西寺に葬られています。そこは現在「加波山事件志士の墓」として、市の指定文化財になっています。

 

まとめ

 加波山事件とは、1884年9月23日に茨城県の加波山で起こった政府に対抗するための蜂起事件である。

 自由民権運動における、急進派のグループがおこした事件であった。

 加波山事件の背景には、栃木県令三島通庸の横暴で強権的な政策や政府の弾圧があった。

 加波山事件により、自由民権運動の中心であった自由党は解散に追い込まれる。

 日本史上初のテロ爆弾計画であり、事件の後、現在も効力を持つ「爆発物取締罰則」が制定される。




コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード